アベノマスクを加工してプリーツマスクを作成しました。

※作成にあたって、”SMILEWORK25”というサイトを参考にしました。小さな園児向けサイズから、男性用の大きいサイズの型紙もあります。

#アベノマスク、今更 #手作りマスク #stayhome もう少し

制作スタート!

1.縫い目をほどきます。

2.本体とゴムを外します。

3.本体のガーゼを開きます。

4.半分に折ります。

5.また半分に折ります。

6.2回折りたたんだらこのようになります。

7.16cm×24cmで切ります。

1cmほど切るとちょうど良いです。

8.上と下を波縫いします。

上下を縫い代1cmで縫います。出来上がり寸法は22cmです。

9.縫ったところを広げるようにアイロンをかけます。

アイロンで縫い代を割り、表にひっくり返します。

プリーツを作ります!

10.縫う場所に印をつけています。

表に返して、内側にする面にチャコペンで上から3cm、6cm、6cmの所に線を引きます。

11.三段プリーツ(印部分)にアイロンをかけます。

線を引いた方を後ろにしてアイロンをかけます。厚紙を使うと簡単でした。

12.三段プリーツ部分をマチ針で止めます。

13.三段プリーツの先端2mm位を縫います。

(この縫い目が無いと、洗濯したらプリーツが広がって三段プリーツになりません)

14.三段プリーツの先端を縫い終わりました。

完成まで、あとわずか!

15.マチ針を外すとこんな状態になります。

上の部分にワイヤーを入れてみました。

この時に、鼻の部分にワイヤーを入れてワイヤーの下を縫うとノーズワイヤ固定になります。

16.左右を固定するため、波縫いをします。

まず縫った部分をもとに上から3cm、2cm、2cm、2cmでプリーツを作りました。次に、左右の端を波縫いしました。

17.表面に上部の写真のように、ゴム通し用の布を置いて縫います。

ゴム通し用の布を置き、縫い代を1cmで縫い付けます。

この時の縫い目は、マスク裏面にゴム通し用の布を縫いつけるときに隠れます。裏面のゴム通し用の布を縫うときは表面に縫い目が出ないように気を付けてください。

18.ゴムを通したら出来上がりです。

結び目は内側に入れます。

ジャーン!完成です

立派なプリーツマスクに生まれ変わりました。

※お洗濯は手洗いをお勧めします。